横浜観光

横浜観光案内

馬車道

馬車道は、JR・市営地下鉄の関内駅からすぐ、やや桜木町方面の場所にある、駅から海側へと続く通りの名称です。
この馬車道という名称は、名前の通り幕末に来日した外国人がこの道を馬車で通行していたことに由来します。
従って、幕末~昭和初期にかけて建てられた近代建築の建物が今でも一部残っており、多くの観光客を惹きつける魅力の一つにもなっています。

また、この通りは日本で最初のガス灯が設置された通りでもあり、今でも夕刻になると通り沿いをガス灯が照らし、辺り一帯がロマンティックな雰囲気に包まれます。通り沿いの歴史的建造物もライトアップされ、その幻想的な光景をカメラに納める観光客が後を絶ちません。

馬車道に来たらぜひ寄っていきたい店の一つ、馬車道のJR側入り口に1839年創業の「泉平」といういなり寿司専門店があります。
事前の注文が必須ですが、歴史と伝統に裏打ちされたここのいなり寿司は、手土産として大変喜ばれる一品です。
この泉平だけでなく、馬車道には勝烈庵や生香園の本店が軒を連ねており、グルメ観光にも一役買っています。

一方、馬車道の海側には横浜高速鉄道みなとみらい線の馬車道駅があります。ここの駅構内の壁には古煉瓦が使用されており、
吹き抜け等の近未来的な造りと相まってどこか異国情緒あふれる風情を醸し出しています。
みなとみらいや山下公園といった横浜のメジャーな観光地にも程近く、少し時間が出来たら時にぶらぶらと散策するにはぴったりのスポットですよ!

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright 横浜観光案内 All Rights Reserved.