横浜観光

横浜観光案内

空き家跡を土地として活用し収入獲得

災害に巻き込まれたり衛生面で懸念があったり、あるいは周辺との景観にマッチしないなどの理由から、空き家問題が取り上げられるようになってきた昨今。国もその状況を打開しようと空き家対策の推進に関する特別措置法を施行しました。

もし空き家を所有しているのであれば、それを放置して税制優遇措置が受けられなくなることのないように、また、火事や異臭などで近隣に迷惑をかけることのないように、上手に活用することを考えてみましょう。

おすすめは、空き家を解体するなどし、その跡地を有効に活用する方法。上手に活用すれば収入を増やすことができるため、所有者にとっても損はありません。
地域にとっても、延いては日本全体にとっても大きなメリットがあるため、積極的な土地活用に乗り出してみてはどうでしょうか。

空いた土地をお金に換えられるかどうかは、活用方法次第。うまく活用することで、多くの副収入を得ることもできるのです。

収入が見込める土地活用術とは

どのように土地活用をしていくか、これには幾つかの選択肢があります。

例えば、コインパーキングです。元々あった建物などが解体され、その跡地にコインパーキングができたという状況を多くの人が日常的に目にしているはず。実際、コインパーキングは大きな収入を得られる可能性を秘めた土地活用術なのです。

工事等にかかる費用はコインパーキングを運営する企業が支払うため、土地の所有者はほとんど負担なく始めることができます。

この企業が土地全体を借り上げるケースが多く、つまり、このケースであればコインパーキングの利用者が全くいなかったとしても、土地の所有者には安定した収入が入ってくるのです。

自動販売機の設置も、土地活用術の1つとしては非常にオーソドックスなものです。やはり、自動販売機の設置やそのための土地の整備などは業者が費用を負担し行うため、これも土地の所有者の負担は非常に少なくて済みます。

もちろん、土地所有者がジュースやコーヒーなどの補充や機器のメンテナンスなどをする必要はありません。支払うのはせいぜい月に数千円程度の電気代くらい。十分回収可能です。

自動販売機は安定した収入が見込める業態のため、特に人が多く行き交うような場所に土地を所有している人や飲食店が近くにある場合などは、この選択肢が有力となってきます。

空き家を解体したのち、そこを月極の駐車場にする土地所有者も多々います。コインパーキングとは異なり、月極のため、契約する人さえいれば毎月安定した収入を得ることが可能です。

コインパーキングや自動販売機など特別な設備や危機を設置する必要もなく、空いた土地を整えるだけでいいので、初期費用もあまりかかりません。

住宅街はもちろんオフィス街が近くにあるケースも月極駐車場は狙い目ですし、やはり飲食店の近くに土地を所有している人は、跡地を月極の駐車場にするという選択肢が出てくるでしょう。飲食店が客専用の駐車場としてまとめて契約してくれることもあるためです。

屋根をつけたり、1台分を少し広めのスペースにするなど工夫をすれば、より契約者を確保しやすくなります。そのようなことも考えながら、実際に活用方法を決めていきたいところです。

周辺近隣の状況を見た上で決断を

空き家を解体した後の土地活用の具体例を3つほど挙げました。もちろん、これ以外にも活用方法はたくさんあります。どれを選ぶのかは自由ですが、安定した収入を得たいのであれば、選択は慎重に行わなければなりません。

その土地の周辺には何があるのか、住宅街なのかオフィス街なのか、それとも下町なのか飲食街なのか、こうしたことを考慮した上で、ベストな選択をしましょう。

選択を間違えると、例えば、その土地を借り上げていた業者がすぐに撤退してしまうことなども考えられます。業者もリサーチを行った上で借りたり利用したりするのですが、所有者も丁寧なリサーチを行った上で、必ず利益が出るような活用術を選択しなければいけません。

いずれにしても、空き家を放置していてはもったいない。周辺住民などからのイメージがこれ以上悪化する前に、有効な土地活用に乗り出すことをおすすめします。

>>空き家跡の土地活用法<<

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright 横浜観光案内 All Rights Reserved.